So-net無料ブログ作成
検索選択
ロサンゼルス/サンディエゴ ブログトップ
前の5件 | -

転職前にアメリカ逃亡 (6) ~再びラホーヤまでドライブ [ロサンゼルス/サンディエゴ]

9/18 (木)

KE002 11:40 ロサンゼルス発
で帰国する友人Sを空港まで連れていくために、早めに朝食。
でも、カフェ形式のホテル・レストランに私が食べられるものはパンケーキ一枚だけ。
フルーツもシリアルもヨーグルトも無い。しょうがないので、ジュースとコーヒーでとりあえず空腹をしのぎ、空港へ。

ターミナル傍まで行くと停車が難しいので、友人Sをハーツ・レンタカーのそばで降ろし、この日の宿泊先である友人N宅へ電話。往復5時間以上のドライブでは、工事音で4時間しか睡眠を取れなかった自分の運転に自信が持てなかったから、運転はできなくとも、助手席で色々話をしてくれるかもしれないと思ったから。

ラッキーなことに友人Nは快くラホーヤ・ドライブに乗り気になってくれたので、San Pedroにある彼女の家まで30分のドライブ。

前回と同じように犬の出迎えを受けて彼女の家へ。頼まれて買ったユニクロの洋服を手渡していたら、娘も一緒にラホーヤに行くというので、彼女の帰宅を待つ。

予定よりちょっと遅れて10時出発。でも一人で孤独な運転ではなく賑やかなおしゃべりドライブなので気分よく、サンディエゴ・フリーウェイを飛ばす。
ラホーヤまでもうちょっとのところで、ガソリンのメーターが点滅し始めた。前日にカールスバーグで30ドル分入れたけど、まさかまたラホーヤに戻ってくるとは思わなかったので、ガソリン不足。40ドル分を入れて、ホテルに戻る。
問題無く、宿泊していた部屋の鍵をもらって貴重品ボックスを開け、中身を確認して、ホテルを出発、。なかなかパーキングする場所が見つからないビーチサイドに行き、Seals生息地近くに車を停める。

これで1時近くになっていたので、近くのレストランでお昼。
タイ料理という変わった選択になりましたが、久し振りにモヤシをバリバリ食べられて私は満足。
近くのUCSD (University of California San Diego) に留学している日本人が何人もいて、ちょっと奇妙な雰囲気でした。

お腹がいっぱいになったところで、海岸へ。友人Nは一眼レフを5月に買ったというので、かなりバシバシ撮影。すごく動きのわかる写真!

2008-09-18 La Jolla photos by Noriko W.のスライドショー

観光気分も満喫して帰りは友人の娘の運転でニコニコしながら友人宅へ戻り、日本食もいただいて、すっかりリラックスした夜でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

転職前にアメリカ逃亡 (5) ~国境近くからロサンゼルスまで [ロサンゼルス/サンディエゴ]

9/17 (水)

我々が滞在したホテルは、スタッフがとてもフレンドリーでよかったけれど、無線LANがブチブチ切れて使い物にならなかった。最初、駐車場がわからなくてグルグル回ることになり、閉口したけれど後はバレット・パーキングで問題無し。
最後の朝は残念なことにチェックアウトで一悶着。担当の女の子がまだ機械操作に不慣れだったために、15分近くも時間がかかり、おまけにパーキングから車を出すのにも慣れないおじさんしかいなかったので、9時に出発予定だった我々がラホーヤを離れたのは9時半。

でも国境近くのアウトレットに到着したのは開店間際。道路がすいていてよかった

【Las Americas Premium Outlets】
4211 Camino de la Plaza, San Diego
www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=76

このアウトレットは国境が見えるような位置にあって、125店舗と結構広い。でもロサンゼルスに移動するからほどほどの買い物よ、と念をおして買い物開始。
靴を買いそびれていた私は2足ゲット。友人Sは彼氏の買い物とそれを入れる大きなトランクも購入。
プラスαの買い物でトランクがいっぱいになったので、腹ぺこの我々は友人Dに教えてもらったカールスバーグでお昼をするために出発。

King's Fish レストランはカールスバーグ・アウトレットの真ん前。なかなかお洒落なレストラン。
気分が盛り上がった我々は再びカールスバーグ・アウトレットで最後の買い物。

カールスバーグのアウトレットを4時過ぎに出発。6時半にはロサンゼルスのホテルに到着するかな~と車を走らせていたら、ロサンゼルスに入った途端に渋滞。

ダウンタウンのステープル・センター脇のホテルが見えたのは日も暮れた7時。

Figueroa Hotel
939 S. Figueroa Street, Los Angeles, CA 90015
http://www.figueroahotel.com/pages/about.html

さて、ここで問題発生。ホテルの正面に停車できないし、ホテルのパーキングは見当たらない。おまけに一方通行だらけで、ホテルのまわりをグルグル回るにもものすごい手間。ホテルの裏側に車を停めて、電話をかけたけれど、フロントの説明は要領を得ない。ようやくの思いでホテル・パーキングにたどりついた時には私はほとんどキレていた。このホテルは友人SがHISで予約したという。もういっそのこと、キャンセルして他のホテルを探そうかと思ったけど、それではかなり気まずくなるので、ベル・ボーイが膨大な荷物を運んでくれる間に機嫌を直し、部屋へ。うっ・・・こんな設備のすごいホテルは久し振りかも・・・バスルームの中に洗面台が無い。冷蔵庫どころか、化粧をするテーブルも無い。無線LANが使えると聞いたけど、ホテル施設の説明書も無く、チェックをしたらAT&Tの無線LAN
エリアだという。それならば久し振りに使う @nifty の iPassローミングで接続か。。。まあ問題は無く、繋がったけれど、もうこの時点でレストランを検索する元気もなくなったので、下に降り、ホテル隣のレストランで簡単な夕飯を済ます。

ラホーヤが安全なリゾートだったせいか、交差点にホームレスがいて、工事車両がひっきりなしに通るダウンタウンは落ち着かない。絶対に外出しないように友人Sを説き伏せて寝ようとしたら、なんと我々の貴重品をラホーヤに忘れてきていた!

慌ててラホーヤのホテルに電話をしたけれど、担当者が出てくるのは翌朝7時。諦めて寝る。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

転職前にアメリカ逃亡 (4) ~サンディエゴ観光とティファナ [ロサンゼルス/サンディエゴ]

9/16 (火)

国境を越えてティファナに行くツアーを探していたら、午前中はサンディエゴ観光、お昼にハーバークルーズ、午後にティファナというツアーがあったので、週末に予約。

http://www.sandiegoscenictours.com/combotours.htm
$60

でもピックアップはラホーヤではダメだというので、朝7時半にホテル・サークルのキングス・インに到着すべく、朝ごはんを部屋で済ませて出発。

ホテル・サークルは前のサンディエゴ滞在で泊まったホテルあたりなので、ハイウェイの出口を一つ見逃しても余裕で到着。

でもしばらくホテル・ロビーで待っていても、それらしい観光バスはやってこない。10分ほど過ぎてから、ホテルのフロントが名前を呼んでいるので何かと思ったら、20分ほどピックアップが遅れるのだという・・・気を取り直して、そのロビーにあるPCでメールをチェックしようとしたら、1ドルで5分。おまけに古いバージョンのIEしか入っていなかったので、日本語が読めない :-<

まあ、このホテルに泊まることもないだろうから、と気を取り直し、サンフランシスコの友人Kさんに電話。彼にまた1週間後に電話するね、と言い、客が3人しか乗っていないバスに乗り込む。あら・・・

バスは一路、ラホーヤへ。我々が見ていなかったSealsが生息する方に行ったので、まあいいか。でもすごく肌寒いどんよりとした曇り空。ニュージーランドとニューヨークからの客だから、寒いのは慣れているのかな~

ゴマアザラシはかわいいけど、なかなか動きがないので、写真としてはいまいちかな



次は景色のきれいなコロナドへ。前回、コロナドに行った時は車を運転していたので、途中の景色がなかなか撮れなかった。でも曇り空のバスからもあんまり・・・まあ、ホテルの中まで入って由緒ある部分も見れたからよしとしよう。

バスは華麗なアーチの橋を渡り、一路オールドタウンへ。このオールドタウンにはとっても昔、サンディエゴに住む友人と来たことがあったけれど、メキシコ料理を食べに来ただけで、観光しなかった。今度こそはゆっくり、と思ったけど、土産物売り場とちょっとした古い建物をウロウロしていたらすぐに集合時刻になってしまった。うーん、駆け足の観光旅行は久し振りだから、私のテンポが遅いのかしらん。

5人の客を乗せたバスはドライバーのマイクの説明に乗って、ダウンタウンをグルグル。昔に比べてすっかりこぎれいになった街は、おしゃれな美味しいお店が増えたのだという。そうか、今度、サンディエゴに来るチャンスがあれば、Hard Rock Hotelに泊まってみたいものだ。

バルボア公園はその昔、EXPOを開催した巨大な公園ということだったけど、降りて歩く時間もなく、残念。

せわしない市内観光は、クルーズ乗り場でいったん終了。5人とも1時間のクルーズに出発。

クルーズ最初はかなり肌寒かったけど、船がコロラド橋を越える頃に雲間から太陽が出て、帰りの30分は太陽を浴びて、リゾート気分満喫!



機嫌が良いまま、SeaPortで食事。オープンテラスでがっつりとしたフィッシュ・ハンバーグを食べたら、たいした買い物をする間もなく集合時刻。そりゃもちろん、カレンダーとシグネーチャ・バッグ (サンディエゴの文字がはいったトート) はゲットしましたが・・・

バスはティファナに向かう前に2つのホテルで4人をピックアップ。コロラド橋の下は芸術的な絵がちりばめられているけど、ちょっと低所得の人間が多いので、危険なエリア。コンベンション・センターあたりは新しいホテルがガンガン建っている。前回来た時にはまったく知らなかったこともわかったので、たまにはこんな市内観光もいいのかも。

さて、ドライバーが散々ティファナの怖さを言っている間にバスは国境へ。係員がバスに乗り込むだけの簡単な入国。ティファナはすぐそばということで歩いて入国している人も多い。

「氷が溶ける前にマルガリータを飲み干さないとお腹を壊す」と脅されるくらい水が悪いティファナ。お土産物が並ぶその町並みは、ラテンな香港のよう・・・驢馬に乗って写真を撮ってもらうだけで5ドル。小さな女の子を連れたおばさんが売るビーズのアクセサリーは1つ1ドル。不安定なメキシコの通貨よりもUSドルで買い物をすれば強気で大丈夫ということで、58ドルと吹っ掛けられたスカーフも22ドル。
一体どんな原価なんだかね~

友人Sは機内持ち込み用のバッグと笑えるTシャツとアクセサリーとラテンのCD2枚。
そしてスーパーでパック入りのジュースを買って、時刻通りに集合。ビールを飲みに行ったおにーちゃんが戻ってきたら、バスはアメリカに戻るために国境へ。

かなりドライバーに脅されながらバスを降りた我々はトコトコと歩いて入国。車が少ないから15分で済むかも、と言われた手続きは3分で終了。おっとバスはどこに迎えにくるの? とウロウロしていたら係員に怒鳴られてしまった。ネイティブもわからなかったから、ドライバーの指示が悪かったのでしょうね。

なんだかわからない安心感を乗せて、バスはサンディエゴ市内に戻り、ピックアップと逆の順序で客を降ろしていく。ということで我々は一番最後。まだ夕暮れまでにはちょっと時間があったので、ラホーヤに飛ばして帰り、ホテルに荷物を頬り出してビーチへ。ちょっと雲があったので、水平線に沈む夕陽というわけにはいかなかったけれど、それなりにきれいな景色を写真におさめたら、もうひとつの宿題、マルガリータを飲みに近所のレストランへ。

ミック・ジャガーの声に魅かれて入ったレストランはファミリータイプで、カジュアルな雰囲気。ロブスターを頼んだら、大きなデザートまで出てきた。いやはや、お腹いっぱい。

4晩もリゾートじゃ飽きるかな~と思ってDVDも何枚か持ってきたけれど、そんなもの1分たりとも見る時間がないまま4日目も終了。

2008-9-16 サンディエゴとティファナ観光のスライドショー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

転職前にアメリカ逃亡 (3) ~カールスバーグのアウトレット [ロサンゼルス/サンディエゴ]

9/15 (月)

月曜日のお昼は、以前、仕事を一緒にしたX社のDとランチの予定だけだったので、午前中は近くのコインランドリーに行くことに。

近くと言っても、住所はサンディエゴ。信号ではなくサークルが続く住宅街を抜けて、ちょっと庶民的なエリアへ。7-11の並びにあるコイン・ランドリーにセットをして、PCを立ち上げたら、近くにWi-Fiスポットがあったので、キョロキョロしたら、通りの向こうに Java コーヒー・ショップ。
甘いチャイラテを飲みながら、無線LANで一挙に写真やブログをアップしていたら、11時。あわてて洗濯物をつかんでホテルに戻り、着替えて、指定されたHarry'sへ。

Harry's Bar and American Grill
4370 La Jolla Village Drive, San Diego, California 92122
http://www.harrysamericangrill.com/page8.htm

UCSDエリアにある記憶も大体の場所も分かっていたけど駐車場が見つからない・・・近くの駐車場に飛び込んで聞いたら、通り側か工事中の狭い通りを教えてくれました。バレット・パーキングを頼み、ちょっと遅刻してレストランに着いたら、休暇中の我々よりもラフな格好をしたDの姿がありました。
聞けば、週末にシアトルへ旅行に行っていて、そこでアメリカ金融界の大騒ぎを耳にし、自宅に戻る暇なく、レストランに駆けつけてくれたという。
前回の仕事がキャンセルになり、関係者が私を含め、別の方向に向かうという話をして、友好的にランチ・ミーティングは終了。

ここで、懲りない我々は、というよりもアウトレットの魅力にはまってしまった友人Sはアウトレット行きにまたもや興奮。

Carlsbad Premium Outlets
5620 Paseo del Norte, Carlsbad
www.premiumoutlets.com/outlets/outlet.asp?id=66

カールスバーグでは自分だけではなく彼氏の買い物も始めてしまった。あっという間に3時間は過ぎ、ちょっとカフェで休憩。
せっかく、お昼に立派なレストランに行ったのに友人Sはフルーツだけだったので、モリモリとサラダ。
私は2杯以上のブルーベリー・シェイク。
そんなこんなしていていたら、私が彼女の写真をPCを読み込むために近くのBEST BUYまでドライブする頃にはもう夕方。

BEST BUYで目指すメディアコンバータはすぐに見つかったけれど、ラテン・ダンスにはまっている友人SはCDコーナーをウロウロ。まあ、このあたりはメキシコ近くなので、その手のCDもあるのでしょう、ということで、3枚ゲット。

再びWhole Foodsに立ち寄り、温かいスープを買って、
夜景がキラキラしてきたモルモン教寺院
を見て、今度はハイウェイを通らないルートでホテルに戻る。

前の日に食べきらなかったチキンをサラダにして、夕飯終了。

しかし、買い物に走ると写真が少ないな~





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

転職前にアメリカ逃亡 (2) ~アルパインとカヤック [ロサンゼルス/サンディエゴ]

9/14 (日)

前回ラホーヤに来た時に、ラホーヤ・ケーブにはシュノーケリングやダイビングでいけるのかな~と思ったので、友人Sにその話をしたところ、彼女はすっかりその気。
でも到着した日は、晴れていて気持ちはよかったけれど、水温が低そうだったので、ショップで相談してみようという話になりました。
でもラホーヤケーブの上にあるショップは夕方5時までだったので、日曜日の朝10時に出直し。

あらら、そのショップはシュノーケリングのギアは貸し出すけれど、ウェットスーツは無し。ウェットスーツ無しではちょっと冷たすぎるかもしれないと思った我々はとりあえず、そのショップから直接コーブに降りる4ドルの冒険に出発。
140段の階段を降りていくだけのコーブ・ツアーはあっという間に終わり、やはりカヤックに行くことにしました。

部屋に戻って、切れがちな無線LANで見つけたカヤック・ショップに予約を午後5時に入れたので、午前中はラホーヤから車で30分ほど内陸に入ったアルパインという場所にあるアウトレットまでショッピング・ツアーに出かけました。

【Viejas Outlet Center
5005 Willows Rd., Alpine
http://shopviejas.com

朝方、どんよりしてちょっと肌寒かったラホーヤ。
ホテルは朝食付きで、テラスで食べたのですが、ちょっと気分が盛り上がらないくらいの気温でした。
でも車で30分走ると、真夏の様相。
お昼ごはんは冷たいソーダが必要でした。

アルパインに行く途中で道に迷ったので、結局大きな荷物を車のトランクに詰めたまま、ホテルからちょっと離れたVillage側にあるカヤック・ショップに着いたのは予定よりちょっと早い4時10分。
でも近くのスーパーを覗いていたら、ショップのおねーさんに「早く着替えて集合~」と怒られてしまいました。
ショップの奥で水着に着替え、防水カメラ以外はロッカーに入れ、ライフジャケットとヘルメットを装着してビーチまで移動。
Tシャツ短パンでビーチに行ったら、結構肌寒い・・・

私は西表島に行った時にカヤックをやったことがあったけれど、友人Sは全くの初心者。お約束通り、出発前に2回ほど、カヤックを転倒させ、シュノーケリングという選択をしなくてよかったね~といいながら、ガイドの後をえっちらおっちら。。。

このカヤック・ツアーはエコロジーに気を使っているラホーヤの生態の説明もしてくれる。しかし、気を抜くとカヤックが流されそうで気もそぞろな私たち。
でもケーブに近づき、オットセイが見えたりしたら、かなり気分が盛り上がり :-)

1時間半のツアーは事故もなく、無事に終了。



ラホーヤでよく見かける黄色い花の下に映っているのが、今回のガイド。

カヤックの前に行ったスーパーで、すっかり買い物気分になってしまった我々はレストランの食事ではなく、スーバーでの買い物を選択。
前回のラホーヤ滞在時に行った近くのスーパーへ。

Whole Foods Market
8825 Villa La Jolla Dr, La Jolla, CA

友人Sはその品揃えの多さにはしゃぎまわっていました。
カヤックで冷え切った体で温かいスープを飲んでちょっと気分もアップ。
ナビでホテルに戻ろうとしたら、ハイウェイ2本経由が最短・・・
ちょっと割り切れない気持ちは、まんまるのお月様で癒して、スーバーで買ったチキンにかじりついて、お腹もいっぱい。
こうして2日目もバタンキュー

2008-09-14 Alpine and La Jolla Coveのスライドショー
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の5件 | - ロサンゼルス/サンディエゴ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。