So-net無料ブログ作成
検索選択
西海岸 ブログトップ
前の5件 | -

カリフォルニアはホテルが高い! [西海岸]

マイレージを使って、うきうきとビジネスクラスに乗ったのですが、今回は、ホテルが高いので、モーテル泊り

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day1: 羽田からロサンゼルス
http://4travel.jp/travelogue/11031944

一泊目は、Days Inn

空港からも友人宅からも近いという理由でここを選択し、近くにドラッグストアもあって、良かったのですが、次はないですね。

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day2: ロサンゼルスからサンディエゴ
http://4travel.jp/travelogue/11032206

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day 3: ラホーヤから北上
http://4travel.jp/travelogue/11032459

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day 4: ラホーヤからサンフランシスコへ移動
http://4travel.jp/travelogue/11033950

ラホーヤは観光地なので、全体的にホテルが高い。
その中でもまだましな料金かと思って泊ったTravelodge。
うーむ、ラホーヤに宿泊することは考え直そう。他にも良いビーチはあります。

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day 5: サンフランシスコベイブルース
http://4travel.jp/travelogue/11034246

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day 6: スタンフォードからハーフムーンベイ
http://4travel.jp/travelogue/11034331

カリフォルニアの夢を追いかけて~Day 7: 帰国
http://4travel.jp/travelogue/11034333

サンフランシスコ空港近くの ミルウッド イン&スィーツ は、今回の旅行で一番納得の宿でした。
色々便利な上、無料の朝食も、設備も良し

まあ、観光でカリフォルニアに行くのは、7年ぶり。
次は東京オリンピックの後かな~

仕事中ですがチェックイン完了 [西海岸]

今朝、ANAからメール。
昨日、必要事項をWebで登録したので、チェックイン完了。
便利な世の中です。

最近は、車椅子の母を連れての海外旅行が多かったので、こうしたサービスは受けられませんでした。

カリフォルニア行きは7年ぶり。

ロサンゼルスサンディエゴで友人に会い、
サンフランシスコで友人にたかる予定。

無事にこなせるかな~

「なんでもアリフォルニア」はいかがなものか・・・ [西海岸]

カリフォルニア観光局は、現在、日本人観光客向けに色々な広告を展開しています。かなり新聞広告も出しているので、目にした人も多いと思います。まあ、サーチャージも安くなりますから、いいかもしれません。[わーい(嬉しい顔)]

ただ、「なんでもアリフォルニア」というネーミングはどうかな・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

どっちにしても、色々なガゼット
なんでもアリフォルニア キャンペーンページ
ダウンロードできるようなので、会社のPCにいれようかな。

picture.jpg

時差時計がついているので、サンフランシスコと国際skypeするので、誰かにとがめられることもないでしょうから [るんるん]

1泊3日でサンディエゴ、弾丸トラベラー行きます! (3) [西海岸]

4月12日 (土)

ロサンゼルスは快晴。
金曜日は長い一日だったのに、いつもの生活のように11:30に寝たので、いつもの土曜日のように朝6:30には目が覚めてしまいました。

さーて、色々調べたけれど、朝9時から開いているはずの
LAX Department Store
までは、車で5分くらいだけど、今回はレンタカーが無いのでタクシー利用すると考えると、10時の出発までに戻ってくる自信が無い・・・だって、タクシーがかなりつかまえづらいのよね~

4747 West Century Boulevard, Inglewood, California 90304

ということで、朝ご飯は、ホテル内のStarbucks で買ったコーヒーとデニッシュとヨーグルト
それで、一晩12ドルで借りた有線LANを使って、出張報告を書いて、本部長に送付。
あら、本当にこれで9時50分だ・・・荷物を手早くまとめ、チェックアウト。玄関でボーっと本部長を待つ。

10時ちょっとにチェックアウトを済ませた本部長と外に出て、ホテルのシャトルバスがディスプレイの中をノコノコ動いているのを見ながら、「こんな良い天気なんだから、帰国便なんて乗らないで、遊びに行きたいですよね~」と二人してブチブチ・・・

でもこんな一泊三日の予定ですべてを組んで出てきてしまったから、バスに乗り、空港でチェックイン。今回は手荷物検査で引っかかるのが嫌なので、ギブスは荷物の中。

帰国便が出るゲートは41。手荷物検査ゲートのすぐ側だったので、ちょっと行き過ぎる感じで、カンタス航空とおもやいの形になっているアメリカン航空のAdmiral Clubへ。わかりづらい構造のラウンジは、ほとんど電源がついている席は埋まってしまっていたので、紙ベースで打ち合わせ。
ここはアルコールや食べ物の多くは有料。まあ、まだお腹も空いていないし、搭乗したらまた食べ物が出てくるから気にするのはやめよう。

登場予定時刻になったのでラウンジを出てゲートへ。おっとお土産も買っていないから、途中のニューズ・スタンドでチョコレートだけ購入。そしたらゲートで、機材清掃中のため、出発が20分程度遅れるという。あらら、じゃあ免税店をチェック! でも悲しいくらい小さなお店だったので、チョコだけ買って受け取ろうとしたら、ゲート渡しだという。まあ、面倒・・・まあ、そこだからいいか。

本部長も免税店に行ったりしているうちに搭乗開始。

AA169 12:40 LAX発 
翌日16:10 成田着

帰りの機内食は
・ナッツ+ジンジャエール
・サーモン+ヌードル+シャルドネ+チョコアイスクリーム
・ピザ+コーヒー
という具合。

帰りの便の方が長いのよね~古いミュージカル映画も見たし、持っていったミステリー短編集も読み終わった。今回は、本部長とは離れた席。でも両隣に座ったかなり小さめの日本人男性と喋る気にもなれない。右はアメリカ滞在が長そうなおじさん。左は広告代理店に勤務の中堅どころでしょうか、PowerPoint開いていましたね。でもゲームをやっている時間が断然長いようなタイプ。

アメリカン航空は、日本航空などと違って、免税品販売にも積極的ではない。それでぼーっとしている間に成田到着のアナウンス。

到着は第二ターミナルのサテライト。飛行機から降りて、また乗り継ぎ。他の便から出てきた乗客がすごくて一本見送り。あら? 本部長とはぐれたかも・・・と思っていたら入国手続きのところで見つけた。

飛行機の中で書いた税関申告書を手に免税カウンターへ。何も聞かれぬままパス。本部長に挨拶して、NEXのカウンターに行き、切符を買ってから (どうしてここはクレジットカードが使えないんだろう・・・) 母に帰国の電話。

まだ桜が咲いている成田空港から帰るNEXには中国人が煩い。あの人達は周りを考えずに電話をしたり、大声で話したり。あーあ、帰ってきちゃいました。


1泊3日でサンディエゴ、弾丸トラベラー行きます! (2) [西海岸]

出張でも、プライベートでもいくつかのエアラインでビジネスクラスを利用してきましたが、アメリカン航空のそれは、「もうちょっと頑張りましょう!」かな・・・

ちょっと洒落たアメニティの袋には
・靴下 (日本系はスリッパ、アメリカ系は靴下ですね)
・耳栓、アイマスク
・ローション
・リップバーム (おっと、これは新しい)
・ボールペン (必需品なのにそれほど出しているところは多くないかも)
ティッシュとウェットティッシュ
というセット。

搭乗して出発するまでにオレンジジュースかシャンパンのサービス。これはアメリカ系航空で多い。
そして、イヤホンとは別にBOSEのヘッドセットが利用できます。うちの本部長向けのサービスですね。もちろん周りの音が聞こえなくなるのでいいのですが、私みたいにヘッドフォン自体があまり好きではない人間には・・・まあね。
椅子は今時なので良いし、毛布ではなくしっかりと薄いお布団のようなカバー。

問題は、食事。テーブルが不安定。行きも帰りもだったので、メンテナンスが足りないのかな。
そしてその味付け。どうも、色気が無い、という表現はおかしいかもしれないけど、それなりの食材を使っているのにどうしてあの味なの? シェフがいけないのかな・・・

行きは、
・ナッツのおつまみ+ジンジャエール
・前菜は御寿司だったので白ワイン
・メインはチキン。
・デザートは大きなアイスクリーム+マグカップのコーヒー
そしてお目覚め後は
・シリアル+フルーツヨーグルト+デニッシュ+コーヒー

いつもは現地時間に時計を合わせるのだけど、どこかで2時間間違っていて、着陸寸前にそれに気がつく。予定よりちょっと遅れて着いたロサンゼルス空港はターミナル4。他のインターナショナルの隣のターミナルでした。でもゲートがちゃんと用意されていなかったようだったな・・・

たいして人も並んでいないし、荷物は手持ちだけだったので、とっとと入国。
出口で出迎えの人たちと会う。

本部長に「出迎えの人達の顔、知っています?」と聞いたら、「僕の写真、送っといたから」という返事。私は出迎えの一人が勤めている会社のサイトで彼の顔をチェック。インド系アメリカ人A。若いかな。

そのAと日本人Wさんが二人で出迎えてくれて、Aが借りた車で出張先へ移動。ロサンゼルスは快晴だし、気温もあがっているし、「どうして出張なの~!?」と心の中で叫ぶ私でした。

ロサンゼルスからサンディエゴにある出張先までは2時間のドライブ英語と日本語で仕事の打ち合わせをしながら、車は順調に南へ。Aは運転しながら、BlackberryというPDA型のケータイで電話をしたり、メールをみたり。あまりお行儀の良いことではないし、確かアメリカでも違反になるんだろうな、と思いつつもまさか初対面の人には言えないですよね。

最近、花の写真を撮り歩いている私としては、ドライブ中に見える花を撮りたかったけど、それはまだ勤務時間中ということで我慢・・・黄色い花やピンクの芝桜が綺麗だったのに。。。

途中、有料道路があり、皆で珍しいね~といいながら、Aが払ったのは4ドル75セントだったかな、とにかく5ドルからお釣り。どうしてこんなに半端なんでしょうね。

さて、午前11時にロサンゼルスを出た車は午後1時にラホーヤとサンディエゴの境目あたりに。そこでお昼を食べましょうという話になり、「中華、アメリカン、メキシカン、どれがいい?」とAに質問され、うちの本部長もWさんもなんでも・・・と言うので、私はすかさず「メキシカン!!」
サンディエゴまで行ってメキシカンを食べずに帰るのも何でしょう?

そして、行ったのは El Torito


El Torito



日本のEl Toritoは、ここと提携しているのかな~。
新宿のEl Torito にも良く行くのだと言うWさん。それでもメニューが若干違うからね~と言っている間に、Fresh Tableside Guacamoleが運ばれてきて、その場で混ぜてくれる。「Mild? Spacy?」と聞かれたので、私は「Mild!」本部長は「Spacy!」えーっ、こっちのスパイシーは本当にすごいから・・・と私がブツブツ言ったらさすがに察してくれたのか、スパイスの半分だけ、という仕上がり。結局、これが妥当な線でしたね。私もメキシカンは好きなのですが、あの青唐辛子はなかなかこわいものがありますもの。

さて、飛行機で着いたばかりの私と本部長はサラダという軽めのランチを終えたら2時。ミーティングが2時半からだというので、ゆっくりと移動。

目指す相手のオフィスはこのラホーヤにあるレストランから車で5分くらいのところ。

ミーティングが終わって、さてロサンゼルスまで買えらねば・・・という話をしていたら、もう正面玄関は5時で閉まってしまい、キッチンでお茶を一杯もらってから裏口から車へ。ここでようやく駐車場に咲く花を撮る余裕が出てきました。我々がミーティングをしている間に、Aが気をきかせてサンディエゴ発の飛行機を予約。彼もWさんも飛行機で別の都市に戻るので、我々二人がAが借りたレンタカーでロサンゼルスまで戻って近くのショップに返却してくれてもいい、という話も出たのですが、金曜日の夕方のSan Diego Freewayは渋滞するよ~と脅かされたので、飛行機で帰ることに。

AもWさんもあまりサンディエゴは詳しくないらしく、ドライブしながら、「ねえ、本当にサンディエゴの空港はこの先にあるの?」とちょっと不安げなコメント。私はSea Worldの看板も見えたし「大丈夫です。ダウンタウンのちょっと端っこだから・・・」てな説明。

まあ、渋滞もそこそこで、無事に空港へ到着。


サンディエゴ空港




そこでアメリカン航空の自動チェックインシステムを使おうとしたら、何度やってもチェックインできない!! 結局、係員にやってもらったら、Aは予約してお金も払ったと言っていたのですが、未払いになっていたので、本部長がカードを出し、私の分まで払ってくれて一件落着。

カウンターでAと別れ、またも手荷物検査で引っかかり、落ち着かない小さなゲートで6時40分の便を待っていたら、本部長いわく。「このチケット高いね~360ドル?」
だからね、土壇場でのチケット手配なんて高くつくんだから、こんな無謀な出張は駄目ですってば。

手荷物検査で引っかかったのは、ちなみにまた私の左ひざです。
ホワイトアウトで自爆…その結末

乗客は預ける荷物を自分で機体の傍らまで持っていくという横3列という小さなAmerican Eagleに乗って、水平飛行に入る前にうとうとしたら、もう下降の合図。
ロサンゼルスは夕暮れ時。
またもゲートが無いままに着陸。歩いて着いた離れのビルからシャトルバスに乗ってまたもターミナル4。
荷物をピックアップするターンテーブルを横目で見ながら外に出て、ホテルのシャトルバスを探す。
赤いサインの下だよ、と言われて歩き出したらMarriott LAXのバスが・・・まあ、すぐ近くだからそんなに戻ってくるのにも時間はかからないでしょうなんて話しながら、バスやタクシーを待つ雑多な民族ウォッチング。
バンクーバーやサンフランシスコも多国籍だけど、やっぱりロサンゼルスほどではないような気がする。

ようやくたどり着いたMarriott LAX AP


Hotel Hilton LAX Airport



もう他で食べるのも面倒ですよね。。。と本部長と二人、ホテル内のレストランへ。
私はターキーブレストとミラーズライト。もうワインを飲む元気も残っていない。

お腹がいっぱいになったら、周りの部屋で騒いでいる高校生を気にする暇もなくベッドに倒れこんだ。
あーぁ、長い金曜日だった・・・

前の5件 | - 西海岸 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。